捻挫(ねんざ).com

捻挫の基礎知識

捻挫とは

捻挫とは、関節に許容運動範囲以上の負担が課せられたときに起こる外傷のことを言います。捻挫個所に、痛みや腫れ、そして熱を持つことが多くあります。医学用語では、損傷部分を限定し“○○靱帯損傷”と呼びます。 →続きを読む

捻挫した場所

足首の捻挫

足首の捻挫は、スポーツをしている時に限らず、転んだ場合でも起こる捻挫です。足首の内側が痛む場合は、外反捻挫と言い、外側が痛む場合は、内反捻挫と言います。 →続きを読む

病院

捻挫の治療

捻挫の治療は、捻挫の重さによって変わってきます。この捻挫の重さは、医師が、今後の治療方針を決めるための基準になります。捻挫の重さは、T度、U度、V度とあります。特に、スポーツをしている人にとっては、今後のプレーに影響しないように、手術をする場合もあります。 →続きを読む

捻挫の治療

湿布

捻挫をしたときは、冷湿布を使用します。しかし、捻挫した直後は、アイシングをすることが大切です。捻挫をしたから、すぐに湿布を貼るというのは、正しい対処法ではありません。捻挫をしたときは、冷やすことが確かに必要です。 →続きを読む

注意点

捻挫の後遺症

捻挫がきちんと完治していないうちに治療を止めてしまったり、軽い捻挫だと判断し病院へ行かずに自己流の治療をした場合には、捻挫が治ったと思った後でもふとした時に鈍い痛みを感じることがあります。これは、関節が不安定になっているために起こる、捻挫の後遺症です。 →続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2013 捻挫(ねんざ).com All Rights Reserved.
[PR] サントリーマカ冬虫夏草は人気? 看護師転職口コミランキングの1位は?